EYEMYTH Media Arts Festival 2016

文化庁海外メディア芸術祭等参加事業 企画展

「The Medium as Somatic Impulse ―身体的衝動としてのメディウム―」をプロデュース協力。

2016年2月19日〜21日インド・ムンバイにて開催されたEYEMYTH Media Arts Festival 2016において、文化庁海外メディア芸術祭等参加事業企画展 「The Medium as Somatic Impulse ―身体的衝動としてのメディウム―」をTodaysArt JAPANがプロデュース協力。150年の歴史を持つEdward Cinemadでのパフォーマンス、Sitara Studioでのインスタレーション展示、Dolby Laboratoriesでのワークショップ、Piramal Museum of Artでのシンポジウムなど様々なプログラムを3日間に渡り展開。

http://eyemyth.unboxfestival.com/
文化庁メディア芸術祭企画展「The Medium as Somatic Impulse ―身体的衝動としてのメディウム―」

・主催: 文化庁
・共催: EYEMYTH Media Arts Festival
・協力: 一般社団法人TodaysArt JAPAN/高松メディアアート祭/国際交流基金ニューデリー日本文化センター
・企画ディレクター: 宇川 直宏(現在美術家/京都造形芸術大学教授/DOMMUNE主宰)
・事業アドバイザー: 毛利 嘉孝(東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授/社会学)
・吉岡 洋(京都大学大学院文学研究科教授/美学・芸術学)